ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日はまた昇る」(ビル・エモット著) 
2006.03.04.Sat / 23:01 
「日はまた昇る」(ビル・エモット著)

最近私が読んだ本から今日はビル・エモットさんの「日はまた昇る」を紹介します。私も4月から社会人ということで、最近は経済関係とかものすごく興味が出てきてるんですよね。今回のエントリーもその一環です。

ビル・エモットさんと言えば、1989年に出版された日本のバブル崩壊を予言した「日はまた沈む」で有名な英エコノミスト誌の元編集長です。

私は「沈む」の方は残念ながら読んだことはないんですが、自分も機会があれば読んでみたいとは思います。まぁ賞味期限切れ感は否めませんが・・・汗

話を戻して今回の作品は、最近の日本経済の回復状況を鑑みながら、この先の15年は明るいぞ的な内容になってます。

そして、この先乗り越えていかねばならない問題-日本の経済構造、政治、アジア諸国との関係(歴史問題)-について書かれてます。

かなりとっつきにくい内容のように感じるかもしれませんが、かなり平易に書かれてあって読みやすいと思います(160pほどで結構短めですし)。

これから先、日本がどのような道を辿っていけばよいかを判りやすくまとめてあって私は中々良い本と思いました。

これを期にこの手の本も読んでみては如何でしょうか。
スポンサーサイト
* テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト「日はまた昇る」(ビル・エモット著)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Lin Minase

Author:Lin Minase
私はこんな人ですv(・_・) ブイッ

・生まれ
 1980年7月17日生まれ
 蟹座O型

・住まい
 神奈川県川崎市

・お仕事
 IT関係の会社に勤務(新人さん)
 SEの卵さんらしいです。

・趣味
 テニス、コーヒー、
 音楽鑑賞(インスト系が多いです)

・好きなもの
 食べ物:
  甘いお菓子、パスタ、サラダ
 色:
  PCCSで言うと、
  pかltトーンで12~18くらいの色
  中間色~寒色系の淡い色
 アーティスト:
  岡本真夜さん、
  植村花菜さん、
  西村由紀江さん、
  加羽沢美濃さん、
  高嶋ちさ子さん

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 Minase's Blog All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。